プログラム

専門家会議:「福島とともに生きて10年」


講演はすべて英語でおこなわれます。

9時~9時20分

ご挨拶と技術上の説明

アレックス・ローゼン博士、小児科医、IPPNWドイツ支部共同議長

ララ・マリー・クラウス、報道官IPPNWドイツ



9時20分~9時40分

福島と全世界からのご挨拶・メッセージ


9時40分~10時

序論:破局的原発事故について

アレックス・ローゼン博士、小児科医、IPPNWドイツ支部共同議長


10時~10時15分

休憩


10時15分~10時45分

福島の現状

シャウン・ブルニイ、福島専門家、グリーンピース


10時45分~11時20分

低線量被曝の健康上の危険―疫学と明証

ヴォルフガング・ホフマン教授、疫学、グライフスヴァルト大学


11時20分~11時40分

休憩


11時40分~12時45分

甲状腺ガンの例に見る福島におけるガン罹患

アレックス・ローゼン博士、小児科医、IPPNWドイツ支部共同議長

津田敏秀教授、疫学、岡山大学


12時45分~13時45分

昼休み


13時45分~14時20分

周産期の病患と死亡率

ハーゲン・シェルプ、生物数学(バイオマセマティックス)担当、ミュンヘン・ヘルムホルツセンター


14時20分~15時

破局的原発事故の精神社会的影響

アンゲリカ・クラウセン博士、精神科医、IPPNW欧州支部共同議長


15時~15時15分


休憩


15時15 分~16時00分

植物相と動物相にたいする破局的原発事故の影響

ティモシー・ムソー教授、進化生物学、サウスカロライナ大学   


16時00分~16時15分

休憩


16時15分~17時00分

福島の労働者にとっての健康上の影響


17時00分~17時30分

休憩


17時30分~18時15分

破局的原発事故の海への影響

ケン・ビュッセラー博士、海洋放射化学担当、ウッズホール海洋研究所


18時15分~18時30分

フクシマとチェルノブイリの類似点と相違点

ユリアーネ・ディッケル、環境と自然保護のためのドイツ同盟(BUND)所属、原子力・エネルギー政策主任


18時30分~19時

締めくくり、将来の研究に向けての手がかり、政治的整理・分類

アレックス・ローゼン博士、小児科医、IPPNWドイツ支部共同議長

Top